7100系の仲間を作りましょう(名鉄7700系-01)

こんばんは。
7100系完成記事から1ヶ月以上経ちましたが、
次の製作は同じ三河ワンマンの7700系です。

最近GMから完成品が登場しましたが、
一昔前にはクロスポイントブランドでキットが出ていました。

TOMIX7000系(HG)および7100系と
クオリティを合わせていきたいので、
クロスポイントのキットを使っての製作となります。

もとより好きな車両でキット登場時に買い溜めてあり、
いざ在庫確認したら4箱もありました。

今回は妻面窓あり2編成、妻面窓なし2編成、
すべて2両組成で三河ワンマン仕様でいこうと思います。


画像

(全8両、見た目のボリュームは多くありませんが・・・)

まずはヘッドライトの設置、加工です。
キットでは中心のライトが別パーツのため、接着・整形。
画像

その後、レンズ設置用に開口します。

次に種別板・方向板受の撤去、別パーツ化します。
少しオーバースケールですが、トレジャーのパーツを使用します。
画像

サボ受設置用に開口。
ついでに、手すりの穴も開口します。

先にも書きましたが、今回は妻面ありなしを再現します。
キットは窓ありになるので、穴埋め作業をします。
画像

プラ板で塞ぎパテ盛→ヤスリがけの王道パターン。
綺麗に残せない自身があったので、手すりもろとも削っています。
後ほどプラ棒で手すり設置。

画像

ライト点灯化を目論み、導光用の通路を確保。

画像

画像のようにヘッドライトが中心からずれた車両があったので、
やむなく瞬着で塞ぎ、再開口をすることに・・・

頭の中で考えている形にするには、
まだまだ序の口の作業でした。
これからも盛って削って開けてがたくさんありそうです。
それがキットの良さですので、楽しんでいきたいものです。

今日はここまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック