テーマ:683系4000番台制作

【完成】JR西日本683系4000番台「サンダーバード」(T50)

683系4000番台は485系を置き換えるために登場した車両です。 683系初の9両固定編成で、その他の部分でも 0番台とは別物と言えるほど相違点があります。 模型でも相違点が多いため苦労することに・・・。 種車の大半が683系2000番でたまに0番台を使用。 いったいいくつの素材が使用されたのか、数字は見たくありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大詰めですよ、大詰め!(683系4000番台-8)

さあ終盤です! まずはパンタグラフ。 4000番台ではシングルアームタイプを採用されました。 今回は普通のパンタに碍子を追加しています。 交流機器近辺も弄ります。 測定用変圧器は別パーツに交換しました。 (しらさぎの屋根使うつもりで買ったら4000番台に  該当する屋根がなかったなんて言えない・・・) あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だいぶ形になりました(683系4000番台-7)

前回ボディの塗装が終わりました。 今回は細かい部分に進めます。 まずは内装の塗装です。 4000番台は号車で座席の色分けはされていません。 グリーン車はピンク系に、その他はブルーで塗装。 先頭車前面の帯は非常に細かいです。 (←が今回制作 →が既製品です) 私の力ではこれが限界・・・ 遠くから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塗装は緊張します(683系4000番台-6)

今回は大一番の塗装です! 塗り分けは単純ですが、両数が多いので大変です。 まずはボディ色です。 白なんだけどグレーが強めの悩ましい色です。 さすがに既存塗料では納得できず、 珍しく調色しています。 ボディ色が終わったら次は帯色の青です。 マスキングをして・・・ 塗れました。 次に窓周りのグレーを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内装が使いまわせない・・・(683系4000番台-5)

前回は屋上関係まで進みました。 今回は内装関係に手をつけます。 さっそく内装ではないですが、窓の加工をします。 多目的室の窓は種車に丁度いいサイズの窓がなかったため、 通常窓を半分に割って調整します。 さて、床下セットはほぼ流用が可能です。 (床下機器はタイプになってるかもしれませんが) 一部は室内灯用の台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解決かな?(683系4000番台-4)

さて、前回違和感を感じながら終わりましたが、 どうやらクーラーが287系と同一の物になっている様子。 それなら変えようとASSYで買ってきました。 この違いは大きいです。 さて横のカバー部分を見ると 287系は配管が通っているので穴が設けられています。 ただ683系にはクーラー部分に配管はありません。 なら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋根も違います(683系4000番台-3)

クロの修正をかけています。 チェック、穴埋め、平滑化を繰り返します。 とりあえずOKというところでしょうか。 続いて屋根板です。 クロは屋根をニコイチにします。 電話アンテナはなくなりましたので、対象の屋根から撤去。 ここまで順調に来ていましたが 写真と見比べると何か違和感が・・・ 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロ683-4500(683系4000番台-2)

続いて4000番台といえばこの車両、 クロ683-4500を加工します。 簡単に言えば、貫通型車両にクロの窓を移植します。 683系は裾部が独特で、一回潰すと再生は困難だと判断し、 今回は窓周りだけを移植する形を取りました。 まずはクロの窓とドアを切り抜きます。 次に貫通型車両を切り抜きます。 極力原型…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンダー、ヨンダー(683系4000番台-1)

今回から、通称ヨンダーバードこと683系4000番台を作っていきます。 0番台からは変更点が非常に多いので、 コツコツ加工していきましょう。 まずは中間車の加工から。 多目的室を持ったサハ682-4300、サハ683-4700は、 サハ683-2500から改造、車掌窓を拡大します。 次にサハ682形はパン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more